人気ブログランキング |

いいづなリゾートスキー場 リベルテの会


いいづなリゾートスキー場をホームに楽しんでいるスキー同好会「リベルテの会」が発信するブログです。例会は木曜日。一緒にスキーやりましょう。コメントお待ちしています!
by resort-k
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【報告】11月山の会『虫倉山』

表題を見てお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、紆余曲折あって結局当初の予定通り『虫倉山』に行ってきました。メンバーは前回と同じ三人です。今回もこのブログでのみの告知だったので、人数的には寂しい山行となりました。天気は曇りで、地面には前日からの雨が未明には山沿いでは雪に変わっていたようで、所々雪が残っています。





少人数なので車一台に乗り合わせて登り口まで、アプローチはオリンピック道路から笹平で中条方面に向かい、小川村へ続く山道を登ります。予定より少し遅れて9:15頃、星の煌めき公園駐車場に到着しました。ここにはきれいなトイレがあって快適です。いそいそと準備をして出発します。今回はさるすべりコースを登り、不動滝コースを降ります。予定コースタイムは登り1時間30分下り1時間15分程度。

不動滝コースの登山口からさるすべりコースへの連絡道はほぼ平行移動のイメージ。しかし斜面をトラバースしている印象です。さるすべりコースの登山口から10分ほど上がった地点で合流。こちらのコースの登山口には県の文化財に指定されている鳥居があるそうですが、今回はわざわざ登山口まで往復しなかったので、見に行く価値があるかどうかはちょっと分からずじまいです。

さるすべりコースに合流してすぐに神社の奥の院の祠があり、道中の安全を祈願します。このコースは何回か滑落事故が起こっていると聞きます。祠を過ぎてすぐに切り立った岩が現れ鎖がかかっているのが見えます。雨の影響で道がぬかるみ、またどんぐりが無数に転がり、小石もまばらにありで足元がとても滑りやすい状況です。前半はそれでも地形や視界の変化がありましたが、後半は岩壁の連続でほぼ鎖場の印象です。斜度の割りに立木が多くあるので、空中感はそれほどではないのですが、高度感があり万が一ここから落ちたら…と時折恐怖を覚えます。

急いで登ったわけではないのですが、休憩を入れる間もなく、あっという間に予定通り11:00前に山頂到着します。雨は降っていないものの、頭上には暗い雲が空を覆っていて、周りの山々も裾野はくっきり見えるのに山頂は一切見るとこができません。それ以外の条件はとても良いので、山頂での眺望が絶景と聞いていただけに誠に残念です。山頂部は3年前の神城地震の際に崩落し、面積が1/2になったと別のグループのベテランさんが話しているのが聞こえます。本日の昼ご飯はおにぎりとスープ。美味しかった!

雲は相変わらず重たく、いくら待っても眺望は期待できそうにないので、12時に出発することにします。虫倉山の奥には小虫倉山というピークがありますが、その崩落の影響でで路が消滅。三年経った現在も未だ復旧していないのであきらめて不動滝コースを下ります。

さるすべりコースと違い、不動滝コースは急な坂には傾斜のゆるい九十九折の道が作られていますし、うまく岩場を避けてもいますので、小学生でも快適に安全に登ることが可能です。ただ、落ち葉が道を完全に覆っているので、岩や木の根が全く見えないので、誤って足を捻らないよう注意が必要です。道中財宝が埋まっているという言い伝えのある『金倉坂』を過ぎます。

しばらく行くと沢を渡り左岸に移ります。沢にはサンショウウオがいるという案内看板が立っています。もうそろそろ出発地点に戻るかという所に突然鎖場が現れます。最後まで気が抜けません。しかし登りのコースとは違い鎖場はあっという間に通過して、右に不動滝を見て駐車場に到着しました。登りは緊張感がありましたが、下りはちょうど1時間。時間的にも難易度的にも手頃で、むしろ呆気ないほどでした。

ということで、11月の山の会『虫倉山』は終了です。手軽さとスリル感が同居する不思議な山でした。また何年かしたら再び登ってみたいと思うかもしれませんね。これで今年は山の会の打ち止めと思っていましたが、雪の具合もまだ不確かなので、一応12月の山の会を計画しておきます。確定情報は後日、再びこちらで告知しますが、12月の第一週目に『妙徳山』に行こうと思っています。雪が降れば中止になりますが、皆さん是非ご参加ください。

追伸

報告が遅れていたので、取りいぞぎ文章だけをアップしました。後日写真を後付ですがアップしようと思います。


by resort-k | 2017-11-17 22:33 | 夏のアウトドア活動
**事務局より**

色々ありましたが、無事に2018ー19シーズンが始まりうれしく思っています。環境が変わったことも多いのですが、関係各位の皆さんの表情も心なしかとても明るく、新たな出発に心躍っているように感じます。

雪も順調に降り積もっていて、年末年始の営業も無事にできたようですし、後はシーズン通して雪が残ってくれるといいのですが、長期予報では今年は暖冬ということになっていましたので、唯一の不安材料ではあります。

お天道様のことは我々にはどうすることもできません。晴れの日には晴れの日の、雪の日には雪の日の楽しみ方があります。どんな状況でも楽しんだものの勝ちです。まずは自分を楽しく、そして周りを巻き込んでみんなで一緒に楽しくしていきましょう!

Facebook もご覧ください。

最新の記事
一の瀬 行ってきました。
at 2019-03-23 17:40
第10回 例会
at 2019-03-17 23:32
シロー先生講習
at 2019-03-16 23:31
第9回 例会
at 2019-03-08 20:12
過去の動画をYouTubeに..
at 2019-03-03 23:59
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧