いいづなリゾートスキー場をホームに楽しんでいるスキー同好会「リベルテの会」が発信するブログです。例会は木曜日。一緒にスキーやりましょう。コメントお待ちしています!


by resort-k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【リポート】3月の遠征 リベンジ編 菅平高原 パインビーク

3/5(月)の五竜47が悪天候で流れて、春の足音を身近に感じてしまった会員の皆さんですが、スキーや雪への情熱は冷めることなくすぐ次週に延期リベンジの話がまとまりました。場所は私に一任していただけるということで隠れた良スキー場の中からパインビークにターゲットを絞りました。





このスキー場はマックアースが経営する前は大松・燕エリアとよばれていて、須坂から菅平高原に上がっていくと一番奥に位置します。そのため、ダボス・太郎エリアには行ったことがあってもそっちには行ったことがないなぁと仰る方が多いと思います。しかし、比較的平べったい印象の菅平の中にあってコースレイアウトが豊富で、雪質はシーズンを通して固くしまっていますので、学生の競技スキー部の合宿でいつも賑わっています。レース志向のスノーボーダーも多く、大会やイベントで滑られないコースがあることもしばしばです。

道中にめぼしい集合場所がなく、現地集合です。日陰の染み出しの凍結を心配しましたが、まだ3月の半ばだというのに道にはもちろん道脇にも雪はなく、ここでも春の足音をはっきり感じます。この調子だと帰り道も心配はいらないでしょう。

駐車場は砂利なので朝のうちはまだ大丈夫ですが、日が高くなれば田んぼのようにぬかるんできそうです。そうこうしているうちにメンバーが全員集まったのでリフト券を買ってゲレンデへ。グランドシニア(65才以上)の設定があるので対象者にはお得感があります。

雪はやはり硬く普段とは違う感触、ところどころ氷のように固まったアイスバーンがあって、灰色に不気味に光っています。

e0230329_08593667.jpeg
しばらくオオマツエリアを滑ってツバクロエリアへ移動するために山頂へ。そこでは北アルプスがほぼ全貌できる絶景が待っていました。
e0230329_09001817.jpeg
天候は悪くないとは思っていましたが、これほど綺麗に見えるのは幸運としか言いようがありません。
e0230329_09004891.jpeg
しばらく山の品評会を楽しみ、記念撮影して出発しようと振り返ると、今度は根子岳・四阿山・浅間山がそこにあります。
e0230329_09013037.jpeg
再びしばし品評会。いくら眺めても空きません。
e0230329_09021832.jpeg

オオマツエリアとツバクロエリアの連絡コースは『行きは良い良い帰りは怖い』で、平らな夏道をスケーティングで帰ってくるのが結構大変。昼休憩が遅くならないように、ツバクロエリアは一本だけ滑って連絡コースでオオマツエリアへ戻ります。

昼食は『レストラン八幡屋』。いつもは学生さんで溢れかえる人気店ですが、今日は比較的早くに入ったせいか余裕があります。ところが、メニューは次々に売り切れになり食べたいのに食べられない方が続出、残念でした。

雪が固く、アイスバーンになっているところも多いので、いいづなリゾートでは全く問題にならなかった丸まったエッヂが、ここでは歯が立たなかったりします。ですので午後は比較的滑り易いコースを選んで練習・ビデオ撮りをし、緩んだ雪が再び固くなってきたタイミングで御開きとしました。皆さんお疲れ様でした。

これで2017/18シーズンの主な雪イベントは終了です。今年は雪が消えるのが早そうとは言うものの、まだまだ滑られるスキー場はありますのでスキーはこれからも続きますが、みなさん誘い合わせてスキー場に出かけるときは、くれぐれも怪我・事故のないように楽しんでください。


[PR]
by resort-k | 2018-03-22 09:23 | 遠征案内・レポート